home
11月に入るとreikoさんが山行を行けなくなりますが、
まだ最初の三連休はご一緒できそう

紅葉真っ盛りの山もいいのですが、
前々から気になっていた仁淀ブルーの「にこ淵」を提案するとOKとのこと

「にこ淵」は1時頃が一番綺麗だそう
そこで程野の滝とセットで見に行くことにしました。

kamatamaさんは残念ながらお仕事があるので
え~ちゃんとむらくもの4人で出かけることになりました。

急に決まったので連絡不足となりましたが…
 


当日いつもの大野原6時半に集合し
reikoさんの買い替えた車に乗り込み出発~

まずは豊浜SAに立ち寄り
朝食を食べて来なかったreikoさんと私達はモーニングをいただきます。
コーヒー付で740円

朝食を食べてきたえ~ちゃんごめんなさい。
 
   


高知自動車道大豊ICで下り 
国道439号線を走ると早明浦ダムの方には黒い雲
フロントガラスには小雨も

8時 途中の道の駅さめうらでトイレ休憩
木々も紅葉し始めています。
   


そこには住人がお出迎え?
第一回かかしアートコンテストで最優秀賞「日日是好日」でした。
本物そっくりですよね。 

え~ちゃんが昼食を途中買うつもりで持っていないという
この先コンビニもないので、道の駅633美の里へ立ち寄ったが準備中
引き返しAコープでカップラーンとおにぎりを購入できました。一安心
   
 
194号線を西条方面に少し走り、程野の滝(グリーンパーク)の案内板に従って右に入る。

道なりに進んで行くと三差路になり、程野の滝案内図があります。
右は「グリーンパークほどの」左は「西滝登山口

私達は左に鋭角に進んで行くと
 


登りきったところは行き止まり
車が2~3台駐車できます。ここが西滝登山口です。
   


程野の滝とは東滝と西滝、権現滝に大樽の滝の4つの滝の総称で
滝の高さが50m~100mで絶壁から4本の滝がほぼ等間隔に流れ落ちるのは全国的にも珍しく
約4kmにわたり東西に断層崖が連続するそう


楽しみです。 
9時12分 準備を済ませ権現滝を目指して出発~
   


遊歩道脇にはお茶の花が続きます。

やがて植林の中、大岩の横を通過
   


道標があるので迷うことはありません。

渡渉をしながら進みます。
   


竹林の急登を登ると暑く男性は上着を脱ぎます。
ほどなく9時30分 権現滝・西滝分岐の道標があります。
 
   


整備された遊歩道?を西へ権現滝方面に進みます。
木々も色づき始めていて時折陽射しがあたり綺麗です。
   


お花は期待していなかったのですが、
あちらこちらで黄色いシマカンギクが真っ盛りで大喜び

シロヨメナとツーショットのところも
 
   


白いスミレがいくつも咲いています。

キランソウまで
 


ナギナタコウジュやマツカゼソウも 
 

 
途中展望が開けています。花を見て進むと

9時48分 一つ目の滝 権現滝に着きました。
   


お~ 素晴らしい~♪

水量が少ない滝です。

昔、滝の上にお寺があったそうです。
 


上部では色づき始めた紅葉が綺麗

 大きな石の間を横切って、大樽の滝に向かいます。
   
 

「道幅が狭く急坂あり」注意書きがあります。

足元も悪くなり、薄暗い植林の中を注意しながら進んで行きます。

オーバーハングの岩を通過
   


標識から南に少し下ると

10時18分 二つ目の滝 大樽の滝に着きました。 
   


ここは大樽の滝の上部です。
 
 
 

この滝の下がどうなっているのか気になりますが、よう覗きません。

大樽の滝の水は透明度抜群で底まで綺麗に見えています。
   


滝の傍に咲き残りのジンジソウがありました。

さあ分岐まで引き返しましょう

崖っぷちにアサマリンドウが咲いています。
 
   


足場の悪いところを慎重に下って行き

再び権現滝まで来ると
青空になり滝全体に日差しが当たるようになっていて綺麗です。
 
 


11時7分 西滝への分岐の道標まで引き返して
左に登って行きます。ゼーゼー言いながら登っていると
下って来る人達と出会いました。
 
   


そそり立つ岩壁に圧倒されます。
 
   


11時13分 分岐から5分程で西滝の展望台に着きました。
   


展望台から眺める西滝に歓声をあげます。
色ずき始めた紅葉と滝が素晴らしい~

西滝の別名は赤滝・商人滝

西滝の上部には伊予へ通じる戸中越の道があり、商人が行き来したそうです。
 


3つ目の滝、西滝の滝つぼまで下ってきました。
 
   


滝下まで行くとしぶきが飛んできます。

大岩を避けながら渡渉します。

時間を見ると11時30分
滝を眺めながらお昼にすることにしました。
   
 

流れる雲と青空に一喜一憂しながら
たっぷりと西滝と紅葉を楽しみます。
 
 
 


お腹も満たし、東滝に向かいます。 

道標に従ってどんどん登って「滝の上」分岐を通過

もう15年以上前にむらくもは単独でここ西滝に来て滝の上から戸中山へ登っていますが、
山頂手前の藪漕ぎだけしか覚えていないようです。
   


どんどん下って、グレーチングの橋を渡ります。
   
 

橋から見上げると細い滝があります。

岩屋に神社があるので寄リます。
   


「山神荒神」という神社でお参りして登山道に戻り、樹林の中を進むと

アサマリンドウがあちこちで咲いていて元気をもらいます。
 
   
 

いくつかの鉄の橋を渡って行くと

垂直に反り立つ岩壁の迫力に圧倒されます。
   
 

「こんなところにキッコウハグマ咲いていそうね」と話していたら
本当に咲いていました。ラッキー

アサマリンドウも沢山咲いています。
   


12時29分 丸太の階段を登ると分岐です。

まっすぐ行くと東滝上駐車場ですが
「東滝渓谷」 の道標に従って右に下って行きます。
   


東滝一段目の滝つぼを渡渉して左岸へ 
   


南へ下って行く途中
ジンジソウが咲いています。
 
   


荒れた登山道が急坂なので慎重に下って行きます。

12時55分 「東滝滝つぼへ」の道標から右へ
ここまで引き返してくるので、ザックをおいて谷に下って行きます。
 
   


標識から急坂を5分ほど下ると東滝が見えてきました。
 
   


「凄い~」歓声があがります。

東滝の二番目の滝つぼから眺めます。
 
 

東滝の別名にドンドラ滝やトトロ滝といわれているようです。
   


あらら!キッコウハグマ見っけ 

13時13分 分岐まで引き返し、どんどん下って行きます。
   


荒れた竹林や廃屋を通過
   


車道が見えてきました。

13時38分 東滝登山口へ下山です。 
   


ここから長い車道歩きです。

下りはまだよかったのですが、西滝登山口への登り返しがキツイ
 
   


シンドイ登りも車道脇の花達がエールーを送ってくれます。
 
   
 
・フユノハナワラビ               ・ヤマラッキョウ             ・ベニバナボロギク
 


どんどんっ標高を上げて行きます。

14時18分 やっと戻ってきました。
 
   

 
遅くなったけれど、目的のにこ淵に向かいます。

車道を引き返し、にこ淵の手前に駐車し
 
 
 
 


案内板より下って行きます。
   


多くの観光客が登って来られます。

 急な階段を下って行くとにこ淵です。
   


凄~い♪綺麗      この色が仁淀ブルー
 


仁淀ブルーとこの透明度
 
   


水際に真っ白い花の群生に感動

近寄ってみるとウチワダイモンジソウのようです。

これほどの群生を見たことがありません。
 
   


皆さんスマホやカメラで撮影しています。
 
   
 

いつまでも眺めていたいのですが、登り返します。

3時前ですが、まだまだ観光客が来られています。
 
 

案内板のところから先ほど登った程野の滝の断層崖が見えています。

15時 皆さん満足して「にこ淵」を後にします。
 
 

道の駅633美の里に寄り道してソフトクリームをいただきます。
美味しかった~
 


素晴らしい「程野の滝」を堪能し
前々から気になっていた「にこ淵」の仁淀ブルーを見られて大満足の一日となりました。

え~ちゃん、reikoさんお世話になりありがとうございました。

 
   
   
   
   
   
   
   

程野の滝 (高知県)
 

 ◆ 2019年11月4日(月曜日)晴れ

 ◆ メンバー え~ちゃん・reikoさん・むらくも・ピオーネの4人
 ◆ 西滝登山口9:12-西滝分岐19:30-権現滝9:48-大樽の滝上部10:18/10:28-西滝分岐11:07-
   西滝展望台11:13-西滝滝つぼ(昼食)11:21/11:51-山神荒神12:08-東滝上駐車場分岐12:29-
   東滝一段目滝つぼ渡渉12:32-滝つぼ分岐12:55-東滝二段目滝つぼ13:00-滝つぼ分岐13:13-
   水車小屋分岐-東滝登山口13:38=車道歩き=西滝登山口14:18
                       (約5時間 昼食・休憩含む)